高齢不妊 リタイア

高齢不妊治療をやめた途端に妊娠!?

高齢不妊に悩んでいる人がリタイヤしようと思うのは、どのような時でしょうか。

 

痛みが辛いのでやめたい、お金が続かない、通院自体が苦痛など、様々な事理由や事情があることでしょう。そして、なかなか妊娠しないというのが一番の原因ですね。

 

精神的にも疲れてしまったということであれば、リタイアする前に、まずは病院に通うことをやめてみるのも手です。ひとまずお休みする、という感じです。

 

実は、高齢不妊に悩んでいる人の中にも、不妊治療をやめた途端に自然妊娠できたという人が多いのです。

 

高齢不妊に悩んでいる人は、不妊治療のやめ時がわからずにダラダラと続けてしまう、というケースが多いはず。体に何の問題もないのだから、このまま治療を続けていいればいつか妊娠できるはずだと考えたり、次こそは妊娠できるかもしれないから今諦めてしまってはもったいない、などと踏ん切りがつかないのでしょう。

 

しかし、不妊治療をお休みしたり、リタイアしたことで妊娠できる人がいることから、実は不妊治療自体が大きなストレスになっており、これが妊娠を妨げているということも事実なのでしょう。

 

しかし、リタイアしたからといって、自分が必ずしも妊娠できるとは限りませんよね。まだ若い女性ならともかく、高齢赴任の自分は、自然妊娠なんてありえない、と思ってしまうかもしれません。

 

こう思うなら、思い切ってリタイヤをするのではなく、通院をお休みすると良いでしょう。仮にその後不妊治療を続けるにしても、一度気持ちを切り替えることができるはずです。

 

不妊治療をお休みしている間に自宅で取り組んでみませんか?

↓↓↓

ヤスヨ式高齢不妊についてもっと詳しく