高齢不妊 嫉妬

友達の妊娠報告を喜べない時の考え方

高齢不妊に悩んでいる人は、自分以外の女性が妊娠したという話を聞くことで、嫉妬してしまうことがあると思います。例えば、友達から妊娠したという知らせを聞いて、本当ならば喜んであげなければいけないのに、嫉妬してしまうというものです。

 

自分が高齢不妊であることを友達も知っているはずなのに、妊娠したといった連絡が届いたら、嫌がらせなのだろうかとか、自慢なのだろうかなどと疑ってしまうかもしれません。

 

また、お正月の年賀状に、自分の子供の写真を印刷して送ってくる人がいますが、高齢不妊で悩んでる時にそんな年賀状が届いたら、これも嫉妬につながってしまいますね。

 

ですが、一度冷静に考えてみましょう。まず、友達が妊娠したと連絡してきたのであれば、それはあなたに意地悪をしているわけではないのです。友達だから知っていて欲しいということで、連絡をしているに過ぎません。

 

そもそも、「高齢不妊で悩んでるから内緒にしておこう」と友達が気を遣い妊娠したことを黙っていても、後からそれが発覚したら「何も内緒にすることないのに」などときっと嫉妬してしまうはずです。

 

人間というのは、自分より良い思いをしている人に嫉妬してしまう生き物です。これは仕方がないことです。

 

嫉妬してストレスが溜まると、これは体に悪影響を及ぼします。ますます妊娠を遠ざけてしまう恐れもありますので、なるべくポジティブに考えるようにしたいですね。

 

暗い気持ちになってしまったときはどうやって切り替えていくか、自分なりの方法を見つけてみるといいかもしれません。

 

高齢不妊の方のために作られたプログラム

↓↓↓

ヤスヨ式高齢不妊についてもっと詳しく